文字サイズ

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. しんきん探検隊
  4. ここが知りたいQ&A

ここが知りたいQ&A

  • Q1.銀行と信用金庫の違いについて教えてください。

    信用金庫の仕事の内容は銀行とほとんど変わりません。しかし銀行にはお取引先に制限がないのに対し、信用金庫の場合は、融資取引の対象が原則として営業エリアの中小事業者や地域住民の方に限られているという大きな違いがあります。これは、地域の中小企業や住民の皆さまから資金をお預かりし、地元で資金を必要とする方々にご融資(地域のお金を地域に還元)して事業や生活の繁栄のお手伝いをすることを目的としているためです。

  • Q2.信用金庫の仕事の面白いところ、また辛いところってどんなところですか?

    地域や対象が限定されているということは、この街と地域住民にこだわっている。ということです。
    お客様とのふれあいの中での「温かみ」・「喜び」を感じることの出来る職場であり、仕事です。
    お客さま商売ゆえ苦労も確かにあります。でも、面白いもので、辛いときほど店内や街中で出会うお客さまの笑顔に励まされ、新しいエネルギーと元気が充電され、ファイトがわいてくるものです。

  • Q3.松本信用金庫の職場の雰囲気ってどんなですか?

    お金を扱うことから正確・迅速が求められる仕事です。もちろん、業績向上に対する厳しさもありますが、努力した職員を皆が認め、結果をだしたことが報われる職場作りを目指しています。
    また、職員同士では、明るい中にもけじめ、厳しい中にも和やかな雰囲気のある職場であると思います。

  • Q4.入庫後は、どんな専門知識・能力が必要になるんですか?

    入庫後は人事部の指導・案内する教育カリキュラムに従い、小切手・手形や不渡などの金融法務に関すること、また守秘義務等を含めたコンプライアンス、そして接客業としてのマナーやCS(顧客満足)など基礎的なことをしっかりと学びます。
    また、「ファイナンシャル・プランナー」、「中小企業診断士」、「社会保険労務士」、「宅地建物取引主任者」等の公的資格取得に挑戦している(自己啓発)職員が沢山います。