文字サイズ

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. しんきん探検隊
  4. 先輩インタビュー
  5. 平成23年度入社 融資部 融資企画課

先輩インタビュー

企業・地域と共に自分も成長していきたい

平成23年度 入庫 上條 琢也 融資部 融資企画課
  • 松本信用金庫を志望した理由は何ですか?
    人と信頼関係を築ける仕事がしたい。そんな思いで私は就職活動を始めました。金融機関は人のお金を扱う仕事であり、そのような仕事の中で最も必要なものは信頼関係だと思います。大企業であれば多くのお客様と接することはできますが、反面お客様との関係は希薄になってしまいます。それに対して、信用金庫はお客様と密に関われる職場です。私にとってそのような信用金庫の仕事はとても魅力的に感じました。地元のお客様と深い信頼関係を築きながら仕事をしていきたいと考え、松本信用金庫を志望しました。
  • 仕事のやりがいは何ですか?

    融資企画課では企業支援と事業性融資商品の企画をしています。信用金庫のお客様である中小企業は、ライフステージに応じ様々な経営課題を抱えています。私達はお客様の現状を理解し、最善の支援をすることで課題解決のお手伝いをしています。企業の経営者は事業に対する情熱・夢があり、周囲に良い影響を与えます。私は中小企業の経営者をサポートすることで、企業、更には地域に貢献し、それと共に自分も成長できることに、とてもやりがいを感じています。

  • 仕事での今後の目標はなんですか?

    企業支援で大切なことは企業の「良いところを見つけ」、それを今の「社会環境に適合させる」ことだと考えています。この2つの力を向上させることが、私の今後の目標です。中小企業の中には、強みを持ちながらも、それを生かし切れていないお客様がいます。そのようなお客様の強みを理解し、それを今の社会でどのように生かしていくか、経営者と一緒に考えていきたいです。そのために多くの企業と接し、経験を積んでいくことが必要だと感じています。

  • 休日・余暇はどのように過ごしていますか?

    休日は家でのんびりしたり、高校や大学の友達と飲みに行ったりして過ごしています。年に一度連続休暇を取得できるため、京都や沖縄等の旅行もしています。また、当金庫の硬式テニス部に所属しており、春・秋には実業団の大会に参加しています。私にとって部活は、仕事での上下関係を気にせず職員と会える良い機会になっています。自己啓発も当然大事なことだと思いますが、何事もメリハリが大切。リフレッシュできる時間はしっかり作っています。

就職活動中の皆さんへアドバイス

多くの人は初めに業種を決めてしまいがちですが、業種を絞らず就職活動をするのも良いことだと思います。多くの業種の説明会や採用試験を受けることで、より魅力的な企業に巡り合えるかもしれません。それだけでなく、多くの企業を見ることは、今後社会人として生きていく上で大きな経験となります。何事もやってみないとわかりません。人生経験の一部だと思って就職活動を行うことで、視野も広がることと思います。