文字サイズ

先輩インタビュー

明るく 楽しく 元気に

平成22年度 入庫 杉浦 直紀 融資係
  • 松本信用金庫を志望した理由は何ですか?
    生まれ育った地元で金融の仕事をしたいと思ったからです。地域経済を支えるのは地元の中小企業です。そんな中小企業の方々や、地元住民の方と接する機会の多い信用金庫で働くことで、金融を通じて自分の力が松本の経済に生かせれば良いと思い志望しました。
  • 仕事のやりがいは何ですか?

    私の提案する融資によりお客様の抱える課題が解決されたときや、企業の業績が良くなったときにやりがいを感じます。特に後者は社長さんに喜ばれることも多いうえ、企業の安定は従業員の生活の安定や、経済の発展にもつながると考えているため、地域金融に携わる人間として大きな喜びです。

  • 仕事での今後の目標はなんですか?

    まずは自分のスキルアップを図りたいと思っています。なぜなら、自分の知識や提案力を高めることが、お客様の満足や信頼につながる近道であると考えているからです。金庫の金融商品の知識を高めるだけでなく、税務や財務等の幅広い知識を身に着け、お客様の相談に対して的確なアドバイスや提案を行える職員になりたいと思っています。

  • 休日・余暇はどのように過ごしていますか?

    金庫の仕事を持ち帰って自宅で仕事をすることはできません。そのため、ONとOFFをしっかり切り替えて、休日は自分の好きなことをしてしっかりリフレッシュするよう心がけています。また、私は金庫のテニス部に所属していますが、休日に仕事の先輩や仲間と一緒に汗をかくことで深まる絆もあると思い、積極的に参加しています。

就職活動中の皆さんへアドバイス

就職活動は辛い時期でもありますが、自分自身と向き合う良い機会であると思います。ぜひその機械に自分を見つめ直し、本当に自分がやりたいことを探してみてください。逃げずに向き合うことでよい答えがでるはずです。