文字サイズ

先輩インタビュー

謙虚に 一途に 前向きに

平成23年度 入庫 方山 健太郎 渉外係
  • 松本信用金庫を志望した理由は何ですか?
    就職活動の際、自分の生まれ育った松本のために働きたいという思いが強く、金融機関を中心に様々な業種にエントリーしました。その中で、当金庫の企業説明会に参加した際に、「しんきん」が地域密着で地元を大切にしている金融機関であること、職場の雰囲気が明るく、職員の方々が松本のことを好きな人が多いということを知りました。この会社なら私の希望と合致すると思い、志望しました。
  • 仕事のやりがいは何ですか?

    個人、法人問わず様々な方々と接していく中で、お客様の抱える課題や悩みを相談され、金融を通じて解決できた時のお客様の笑顔にやりがいを感じます。私は、金融機関の職員であるという自覚を持つとともに、お客様との「人と人の関係」を築くことが大切だと考えています。お客様は私たちを信頼し、様々な相談をしてくれます。重い責任もありますが、金融機関ならではのやりがいであると思います。

  • 仕事での今後の目標はなんですか?

    お客様の相談に対して、それぞれの方のライフステージに応じたより的確な提案をできる信金マンになることです。私は金融機関人として、金融の知識を身にみけることはもちろん、資格試験への挑戦や地域での活動を通して幅広い知識の習得や経験をすることにより、地域で必要とされる人を目指しています。

  • 休日・余暇はどのように過ごしていますか?

    私は、信金の野球部に所属しています。野球部には現在20名程の職員が所属しており、週末は野球に打ち込み、軟式野球連盟の大会に出場したり、年1回行われる県内信金との対抗戦に勝利するために活動しています。当金庫は土日が休みになるので、メリハリがついた社会生活が送れていると思います。

就職活動中の皆さんへアドバイス

就職活動中は、自分の思い通りにならず悔しい思いをすることもあると思います。しかし、そんなときはもう一度今までの学生生活を振り返り、努力してきたことや勉強してきたことに自信を持ってください。どんな小さなことでも、必ずみなさんの人生の糧になっていると思います。ぜひ、自分を見つめ直して、どんな企業に訪問しても自分をアピールできるよう笑顔を忘れずに就職活動をしてください。