文字サイズ

先輩インタビュー

温かみのある接客とセールス

平成17年度 入庫 太田 まゆみ テラー係
  • 松本信用金庫を志望した理由は何ですか?
    会社の雰囲気がとても魅力的だった。
    私は長野県内の金融機関に絞って就職活動をしました。金融機関といえば堅いイメージがあるせいか、説明会も面接もとても緊張しながら受けていました。その中で、松本信用金庫だけは就職活動中の私たちでさえもお客様として温かく迎えてくれました。そのおかげで説明会も面接も笑顔で終わることができたのです。その温かい印象は働いている今でも変わりません。
  • 仕事のやりがいは何ですか?

    私の普段の業務内容は、窓口係として店頭に来店されるお客様の入出金、納税手続き、住所変更や届出印変更などの諸届受付等になります。この業務の中で行うセールスも大事な仕事の1つです。以前に定期預金を目的に来店されたお客様に「毎月のお積立も一緒にいかがですか?車検や納税にお使い頂けます」と提案したところ契約に結びつきました。セールスというと難しく感じますが、お客様のニーズに沿った商品提案を行うと考えると、人の役にも立てるやりがいのある仕事だと思います。

  • 仕事での今後の目標はなんですか?

    塩尻支店にいた頃、利用していない口座を整理したいと来店されたお客様がいました。しかし、届出印やキャッシュカード等を紛失されていたため、ご記入頂く書類が複数ある上に、すぐに解約手続きがとれない状況でした。お客様は遠方に住んでいたため、郵送を併用しながら、なるべくお客様の負担にならない方法で手続きが済むようにご案内しました。後日返送頂いた書類の中に「親切で丁寧な対応をありがとう。塩尻支店はあなたのような人がいて素晴らしい支店ですね」という内容のお手紙が添えられていました。お客様から心温まるお手紙をいただけたことは非常に嬉しく感じました。これからも、常にお客様のために「温かみのある」信用金庫らしさが出せる職員になっていきたいです。

  • 休日・余暇はどのように過ごしていますか?

    家族と過ごしていることが多いです。
    休日の計画が立てやすいことは家族との時間を作ることにとても嬉しく感じています。私は二度の産休、育休を経て現在に至りますが、これも休暇が取りやすい環境や、良好な職場環境があったからだと思っています。

就職活動中の皆さんへアドバイス

私は金融機関に絞って就職活動をしていましたが、より自分に合った会社を見つけるには出来るだけ多くの会社を見てみることが大切だと思います。しかし、実際に働いてみないとわからないこともたくさんあるので、最後は「縁」を信じてみるのも良いと思います。どんな仕事も深く追求すれば必ずやりがいが見つかるはずです。